不動産の媒介契約

  • ・専 属 専 任 媒 介 契 約
  • ・専 任 媒 介 契 約
  • ・一 般 媒 介 契 約

不動産の媒介契約は3つに分かれています。内容はそれぞれ異なりますが、共通しているところもあります。 全ては、建設省か定めた標準媒介契約約款に基づいています。上記に示す3種類の契約があります。 異なる個所については、詳しく説明します。共通点に関しては、以下になります。

1.契約の有効期限に関する内容は、3ヶ月ですので、この間に売買が成約に至らない場合は、別の不動産業者 と契約をするか、同じ業者で契約更新するのかになります。
2.依頼をされた不動産の価格について話し合いをする時は、過去の取引事例と比較したりし、合理的な手法で 価格の根拠を分かりやすく示さなければならない。

専属専任媒介契約

依頼者が負う義務
既に媒介契約している物件を他の不動産業者に媒介の依頼をすることはできない。 依頼者が見つけた相手方と契約してはなりません。専属専任媒介契約の業者以外と 契約した場合は、違約金を支払わなければならない。

不動産業者の義務
指定流通機構(レインズ)に物件情報の登録義務を負うことと売買契約の成約に積極的に活動すること。 週に1度は、依頼された業務の活動状況を文書にて依頼者に報告する。

専任媒介契約

依頼者が負う義務
専属専任媒介契約と異なるところは依頼者が自分もしくは、他の不動産業者と契約した場合は、 媒介契約の履行の為にかかった費用を支払うものとする。前者の違約金との違いである。

不動産業者の義務
専属専任媒介契約との違いは、依頼者への活動報告を2週間に1度報告するところ。

一般媒介契約

依頼者が負う義務
複数の不動産業者と媒介契約ができるが、各業者にそれを明示しなければならない。 自分もしくは、契約業者の媒介で契約したした場合も各業者に明示すること。 明示していない不動産業者の媒介によって敬っくした場合には、明示を怠った業者に 対して媒介契約の履行の為にかかった費用を支払うものとする。

申込

戻る

Copyright© 2013 東京の任意売却|MTプロパティ― All Rights Reserved.