リースバックとは

リースバック

リースバックとは、家を売却した後も同じ家に住み続けることいいます。

なぜ自分の家でもないのに住み続けることができるのでしょう。収入の減少等によって住宅ローンの滞納が続くと差し押さえ競売と なり家を出ていかなくてはなりません。

本来住宅ローンで購入したので払えなくなったら出て行くのは当然です。

ですが、生まれ育った土地から離れたくない、子供の学校を変わりたくない。様々な理由があるでしょう。

そこで任意売却で購入した第三者とあなたとの間でリースバック(賃貸契約)を結ぶのです。

購入者に家賃を払って、今まで住んでいた家を借りるのです。そうする事により今までと同じ生活ができるのです。

リースバックの仕組み

身内

リースバックは、任意売却で家を売る時にその条件を承知する買い主を探さなくてはなりません。

更に将来金銭的に改善した場合には、買い戻したいと考えているならば、賃貸契約とは別に買い戻し特約という契約を 結んでおくのです。

買い戻しを前提とするならば、買い手となる第三者は信頼関係のある親族が望ましいでしょう。

不動産業者

そういった親族がいない場合は、リースバックをする不動産業者がいますので業者に任意売却する方法もあります。

賃料に関しても周辺の相場を基準にして話し合いで決めることが望ましいでしょう。

賃料も場所によりますが、住宅ローンの支払い額より安くなる事が多いのでリースバックのメリットといえるでしょう。

リースバックで注意すること

リースバックの注意

リースバックはメリットだけではありません。

残債務によって設定する賃料も変わります。残債務が少額であれば、周辺の賃料で設定されます。

しかし、多額の債務があるとそうはいきません。残債務(投資額)に見合う賃料(配当)になることです。

全ての場合でリースバックにメリットがあるとは限らないのです。

申込

戻る

Copyright© 2013 東京の任意売却|MTプロパティ― All Rights Reserved.