任意売却メリットのポイント

売却額が競売と比べ有利
費用の負担が無い
引越期日や費用の融通が利く
売却後の居住の可能性がある
個人情報が保護できる
残債務が競売と比べ軽減

任意売却のメリットについて

上記リストの通り任意売却するメリットは競売に比べて数多くあります。

内容が1人1人異なるためお客様全てに該当する事ではありません。

その為、任意売却を選択するにあたり不動産業者との綿密な情報交換が重要になります。

場合によっては住宅ローン以外の債務内容も把握する必要があります。

売却額が競売と比べて有利

競売の価格は通常売買の6割~7割程度なのに比べ、任意売却の場合は通常価格と同じように 買い手を見つけて売却する分かなり有利になりメリットがあります。

残債務が軽減されるので今後の返済計画を立てやすくなります。

費用の負担が無いメリット

任意売却の手続は、全て不動産業者行います。費用面の調整も致しますので実質負担はありません。

場合によっては、当面の生活費を売却額の中から捻出できる場合もあります。

そういった交渉も不動産コンサルティングマスターがお客様に代わっていたします。

個人情報が保護できるメリット

競売になると「官報」に個人情報が載ることになり、第三者に競売になったことが容易に分かるように なります。

任売は通常売買と変わりませんので個人情報は守られます。

「官報」は一般的に見る人は限られていますが、誰でも見ることはできます。100%隠すことはできません。

ご近所のお付き合いを気にされる方は、競売を放置せずに任売をするのがよいでしょう。

物件明け渡し期日の猶予のメリット

競売の場合は、落札者の都合で立ち退きをしなければならない。

その点、任売なら新しい所有者との話し合いである程度こちらの都合を聞いてもらえるメリットがあるのです。

次の転居先も決まっていないうちに追い出されるような事態は絶対に避けなければなりません。

残債務が競売と比べて軽減できるメリット

任売は、売却額が高くなるので必然的に残債務も少なくなります。

少なくなることによって債権者が残った債務を分割による返済に応じてくれる事になります。

反対に競売によって所有権が移転した場合、残債務が多く返済が困難な場合、自己破産をすることになり「官報」にその内容が載ってしまいます。

どちらにメリットがあるかは一目瞭然です。任売が可能ならば選択するのは当たり前の事なのです。

申込

戻る

© 2013 東京の任意売却|MTプロパティ―