よくある質問のまとめ

任意売却について多く寄せられた質問です。お問合せの前に一度ご覧下さい。ここで解決しなかった場合は お電話もしくは、専用フォームからお問合せ下さい。

問い任意売却の費用はどのくらい?

答え任意売却が成立すると法律でも定められている仲介手数料が 発生します。ですがこれは、債権者が負担しますので大丈夫です。費用の負担はありません。 細かく言うと、売却時に必要な書類(住民票、印鑑証明書等)を取得する代金は、本人の負担になります。

問い任意売却後の残債務はどうする?

答え競売の場合は、一括返済で請求されるのに比べ任意売却は 債権者への返済も多くなるので残債務に対して多くの場合、柔軟な対応をしてもらいます。 圧縮や月々の返済額の減額にも可能になります。

問い滞納している税金はどうなるの?

答え税金は免除の対象にはならないので、月々少額でも 良いので分割払いの交渉をしましょう。差し押さえられている場合は、解除してもらわないと 任意売却はできません。

問い任意売却すると今後住宅ローンを利用できないの?

答え任意売却以前に、住宅ローンの滞納で信用情報に掲載されて いますので、自己破産と同じように7年~10年間は利用できません。

問い任意売却するのにはどうしたらいいの?何をすれば?

答え何もすることはありません。任意売却を業者に依頼すれば 売却まで任せて大丈夫です。必要書類の用意はして頂きます。

問い金融機関から督促状が届いている まだ任意売却できますか?

答え督促の段階で任意売却する意思があれば、早いのに越したことは ありません。すぐにでも相談して下さい。

問い裁判所から競売の開始決定通知書が届いている もう任意売却できない?

答え競売が始まってもまだ間に合います。諦めないで任意売却で 売却しましょう。現状よりはるかに良くなるでしょう。

問いどうして任意売却をすすめるの?

答え第一に債権者への返済が多くなること更には、引越し費用等の 手当をしてもらう交渉ができる。不動産業者が売却まで全て任せられることです。

問い任意売却すると信用情報はどうなる?

答え任意売却であれ競売であれ、すでにあなたはブラックです。 住宅ローンを滞納した時に信用情報に掲載されています。

問い保証人に内緒でできる?

答え保証人に内緒で任意売却はできません。保証人に売却の同意が必要です。 しかし、競売より任意売却の方が債務を減らすことが可能なので同意は容易かと思われます。

申込

戻る

© 2013 東京の任意売却|MTプロパティ―