は行

媒介契約

媒介契約とは、不動産を売ったり買ったりする時に不動産業者に仲介の依頼を売る時の契約です。 この契約をする事によって、お互いに権利と義務が発生します。また、宅地建物取引業者は、契約内 容を記載した書面を作成すること。署名、押印したものを依頼者に交付しなけれはならないとあります。 媒介契約は3種類あります。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約です。それぞれ権利や義務が 微妙に違いこれらは、依頼者が選択して決めるものです。

用語集トップ

売却基準価格

売却基準価格とは、競売の落札における基準となる価格のこと。以前は最低落札価格と言い、 落札者がいないケースがある場合、価格を調整して再度日を改めて入札していた。競売の迅速性を 図るために売却基準価格と変更し、この価格から更に20%下回る価格まで入札できるようになったのです。 これにより入札者が無く競売やり直しが減少しました。更に価格を低く購入できるようになったのです。

用語集トップ

配 当

競売によって売却額を債権者で分けることをいいます。配分は裁判所で作成した配当表に 準じて行われます。優先順位は抵当権の順位によって決まっています。基本的にはそれに沿って 配当します。

用語集トップ

破産管財人

破産管財人とは、破産手続開始決定が下りた時に管財人選任候補の中から弁護士を裁判所が 選任します。管財人は、債務者の財産を管理しその処分権を有する者です。不動産や自動車、貴金属類等 の処分を管財人以外の人はできません。例えば、債務者が100万円で売れる時計を友人に50万円で 売却したとします。通常100万円で売れるのに、50万円で売却したら50万円の損失がでます。管財人は 債権者の利益の為に働きますので、この場合取引を取り消す事ができます。一般的に個人の自己破産は 管財人は選任されず、同時破産廃止となり免責許可の決定の手続となります。

用語集トップ

引き渡し命令

引き渡し命令とは、競売で落札された不動産に居住している者に対して裁判所が退 去を命じることをいいます。代金の納付をした日から6ヶ月以内に申し立てすることで効力が生じます。明 け渡し猶予制度のある場合は、9ヶ月以内です。

用語集トップ

保証会社

保証会社とは、住宅ローンで金融機関から融資を受ける際に保証委託契約を交わすことで 住宅ローンが支払えなくなった時に、金融機関に対し一括で借入金を返済する。これは、代位弁済と 言って債権者が金融機関(銀行)から保証会社に変わる。保証会社は一括返済の要求をしてくるので 担保不動産を競売もしくは任意売却によって売却し返済する。大抵残債務は分割による返済になる。

用語集トップ

© 2013 東京の任意売却|MTプロパティ―