さ行

最高価買受申出人

最高価買受申出人とは、競売で一番高い金額を入札した人のこと。いわゆる競売落札者である。競売の 開札後に任意売却をしたい時には、この最高価買受申出人の合意がなければならない。

用語集トップ

催告書

催告書とは、債務の返済が滞った時に債権者から送られてくる通知書です。内容は、「○月○日までに 金、○○○○○円をお支払い下さい」と支払金額や延滞金も明記してある。何度か続くと一括返済の通知に 変わる可能性もあります。

用語集トップ

債務超過

債務超過とは、所有財産より債務の方が多いこと。実際に中小企業では、所有不動産や現金の合計より債務が上回っている ケースは少なくない。地価の下落等で担保不動産に時価以上の抵当権が付いている事も多い。

用語集トップ

サービサー

サービサーとは、債権を回収する法務大臣の許可を得た会社です。例えば、住宅ローンの保証会社が金融機関に代位弁済をした債権を サービサーが買い取り債務者に返済請求をするのです。通常は、競売や任意売却をした後の残債務をサービサーが5%~20%で買い取ります。

用語集トップ

残債務

残債務とは、競売や任意売却しても残ってしまう債務のこと。大抵残債務に関しては、長期の分割払いに応じて くれます。残債務が返済できる許容範囲を超える場合は、自己破産をすこともあります。

用語集トップ

現況3点セット

現況3点セットとは、競売物件に関する情報資料のことです。この資料を基に入札の金額を決めるのです。占有者の 有無、周辺の状況や環境、図面添付の評価書、買受け人が継承する義務や権利などです。競売の場合インターネットに競売物件の 住所が載り、官報には、個人情報が掲載される事になります。任意売却の場合は、官報には載りません。

用語集トップ

自己破産

自己破産とは、所有する財産を全て処分しても債務が残り、返済する目処が立たない場合裁判所に破産の申し立てをします。 申し立て後、6ヶ月を目安に一部を除く残債務に免責がおります。一部というのは、税金や公共料金のことです。免責の対象にはなりません。

用語集トップ

少額管財事件

少額管財事件とは、破産管財人が付いても財産が少ない場合手間がかからないので安くすませましょうと言うこと。 管財人のやることが少ないので手当も浮くなく期間も2ヶ月と短期間で終了します。この場合代理人は司法書士ではダメです。 弁護士でなくてななりません。

用語集トップ

専属専任媒介

専属専任媒介とは、媒介契約の中で最もやりがいのある契約です。契約後5日以内に指定流通機構 の掲載と週1回以上の活動報告の義務があります。しかし、依頼者は契約した不動産会社としか契約はできません。

用語集トップ

専任媒介

専任媒介とは、契約した不動産会社との契約しかできないが違約金を払うことで他社の媒介でも契約できる。 自分で相手を見つけてきた時も営業や広告にかかった費用は、支払わなければなりません。

用語集トップ

測量図

測量図とは、土地の売買契約において重要なものです。土地の形、地積、隣接の境界線などを表示している 図面のこと。不動産契約時に重要事項説明書の添付書類になっている。売買面積を確認する時に使う。

用語集トップ

収入合算

収入合算とは、単独でローンを組む時に収入が規定に至らない場合、同居する家族例えば、妻に収入があれば それを合算して返済計画を立てる事をいいます。また数十年後、建て替えやリフォームをする場合、子供に収入があれば、 それを合算する事も出来る。

用語集トップ

© 2013 東京の任意売却|MTプロパティ―